アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ことば」のブログ記事

みんなの「ことば」ブログ


マインドセット 『 癒し 』

2009/08/16 05:44
物事の一面は、ある時点を堺に、必ず反転する。

山があれば、かならず渓があるように、

陰極まりて、陽となり、陽極まりて、陰となる。


忙しさにかまけて慌ただしい日々を送っていると、
ほぼ間違いなく、緩やかな日々が恋しくなる。


朝日が昇り、日が沈むように
春が訪れ夏を過ぎ、秋を流れて冬になる。


万物流転の中、人とて同じくうつり変わりゆく。


モノ・コト・バショ・ヒト・オコナイ



心を広げると、何時いかなる時も人は地球の上におり、
場所など関係なく思えるときもある。

しかして、懐かしい場所であったり、好みの場所であったり、
場の空間によっても癒されることは多々ある。

それは音楽であったり、ぬいぐるみであったり、楽器かもしれない。


癒しが求められる時代がいつまで続くのだろうか?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


マインドセット 『 短い言葉 』

2009/05/10 17:03
マーケティングのレターには、
感情から論理への展開で人を引きつける。

そして、説得して納得してもらうことにより、
ビジネスが動く。


しかし、ほとんどの内容は忘れ去られる。

書籍も同じで、タイトルなり、目次を眺め、
本文から何か魅せられるものがあって購入する。


そして、読み始めて、読んだ上から記憶は上書きされて
何も記憶には残らない。

残っているのは、良かったとか、思っていた内容とは違っていた、
分かりやすかった、難解であった、読むだけムダだった。

という、感情での表現のみであることが多い。


何がどうで、こうだから、こう感じた。


幾人の人が、メモなり、端書きなり、
ブログなどで残しているのだろうか?


結局、最大のインプットは、アウトプットからでしかない。


夢をかなえるゾウ

ゾウさんは、200万部ちかい売り上げだそうだが、
何人が、読み物ではなく実践の書として扱っているだろう?


「夢をかなえるゾウ」の秘密


ゾウさん、実践の書。

書籍として出版するまで昇華しているところが凄い。

でも、結局は自分次第であろう。




『 言うは易く行うは難し 』

単文の活用大自在性は、軸が際だつほどに活用範囲は広がる。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


マインドセット 『 心口意 』

2009/05/10 16:43
心口意の三業。

こころ
ことば
こうどう

この3つがそろい、初めてその人となる。


見た目の一瞬の判断と、付き合ってからの時間は
何が違うのか?

人は見かけで判断する。

これは、紛れもない事実で、
一瞬で好き嫌いを分ける。


一度ついたレッテルは、
剥がすのも、剥がされるのも、多大な力が必要となる。


人の行動は、全て自己納得の元でなりたつ。
ただ、意識できているか、無意識かの違いによる
差があるだけだ。


「ありがとう」 「ツイている」 といっていると、
運が良くなる。

良くなると思っているから、口からだせるのであって、
くだらないと感じた人は、口を動かすことすらしない。


秘めたるは花。



世阿弥は、何を観ていたのだろうか?





斎藤一人の絶対成功する千回の法則
楽天ブックス
講談社+α文庫 著者:斎藤一人/講談社出版社:講談社サイズ:文庫ページ数:220p発行年月:2006


楽天市場 by ウェブリブログ



世阿弥花の哲学
楽天ブックス
著者:成川武夫出版社:玉川大学出版部サイズ:単行本ページ数:230p発行年月:1980年08月この著


楽天市場 by ウェブリブログ



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ニュースから、「ウィキペディアが与える影響を調べるため」学生がもっともらしい嘘の書き込み

2009/05/09 11:54



なぜ、このでたらめな文章が読めてしまうのかというと、
人は文章などを読んで理解しようとしたとき、文節などの
区切りを自然習慣的に、無意識の状態で行う。

その一区切りを チャンク と呼ぶ。

そして、ある文節がそれなりの文字をもっている場合、
無意識のままで、無理なく文章にしようとする力が働く。

意識して校正でもしようとするのなら見つかるが
速読や、文章を大量に処理する必要がある人ほど、
すんなり読めてしまう。



最近の脳科学では、ワーキングメモリは今まで言われていた
7桁でも多いらしく、3×3くらいが一瞬で覚えられる限界だと言われている。

ならば、何かひらめきがあったとしても、次に何かをしようとした場合、
メモなどとらない限り、忘れてしまっても仕方がない。

年を重ねるごとに、物覚えが悪くなるのも、ワーキングメモリの物理量が
減ったのではなく、覚えておこうとする意識が多すぎることのほうが、
原因らしい。




記憶力を強くする
楽天ブックス
最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方ブルーバックス 著者:池谷裕二出版社:講談社サイズ:新書ページ数


楽天市場 by ウェブリブログ



世界初地図記憶法
楽天ブックス
あなたも記憶の天才! 著者:津川博義出版社:宝島社サイズ:単行本ページ数:189p発行年月:2006


楽天市場 by ウェブリブログ



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


マインドセット 『 Brain : 脳 』

2009/05/09 04:04
脳機能局在論。


むかし、頭(脳)をさわることは、禁忌であった。


頭には、神が宿っていると思われていた。


しかし、西洋の哲学から来る探求心は、
禁忌を都合良く解釈した。


元素還元論を乗り越え、量子力学や超絃論など
検証すらままならない領域にまで足を踏み入れ、突き進んでいる。

ヒトゲノムやDNA、最近では宇宙が出来たとされているころから
数億年たったころの天体まで見つかっている。


それでも、まだまだ人体にしろ、生物にしろ、地球にしろ
分からないことだらけで、分かれば分かるほど謎が増えていく。


様々なところでゲシュタルト崩壊が起こっているような、
歪んだ空間の中を、暴風に襲われ彷徨っている蝶のように
天地の堺なく前後左右すら、定かではない時代なのか?


Virtual と Real の狭間で空間を捉えているのは、
脳の役割である。

内から出でる信念が、外界の環境を形成し、
外界から入力される、刺激が内面の空間を構築する。


モーダルチャネルは、五感を通して入力され言葉によって、
内部表現をいびつなモノに変化させることも容易い。


何が真実で、何が虚偽なのか?


社会はマーケティングのうねりによって幾重にも欲望を植え付けられ、
仮想と現実の区別もつかない脳に変わりつつある。


安さは最大級の価値と評価され、人を呼び
品質というバランスを崩し、奈落の底に迷いなく落とす。


何を知り、何を得、何を拾わず、何を捨てれば、
確かなマインドセットが可能になるのか?



いやはや、真実は一つとは限らないのが、世の常なのか。



最新脳科学で読み解く脳のしくみ
楽天ブックス
車のキーはなくすのに、なぜ車の運転は忘れないのか? 著者:サンドラ・アーモット/サム・ワン出版社:東



ここまで解明された脳と心のしくみ
楽天ブックス
ニュートンムック出版社:ニュートンプレスサイズ:ムックその他ページ数:159p発行年月:2006年0



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


マインドセット 『師』

2009/05/08 23:05
師。

今の流行風にいうと、メンターとでもいうのだろうか?


老若男女問わず、良いと思う面を持ち合わせれば、
すべて師と仰いでも良いと思う。

当然、赤ちゃんでも学ぶべき所は随分とある。

また、齢を重ねているから、肩書きが凄いから、
経験が豊富だからといっても、尊敬できない人も多々居られる。
反面教師な面々。


自分を振り返り、内省するにはもってこいだが。


基本的に古典を学びの元とし、
温故知新が一番早く、確かな学び方だと思う。



生き方
楽天ブックス
人間として一番大切なこと 著者:稲盛和夫出版社:サンマーク出版サイズ:単行本ページ数:246p発行年



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


マインドセット 『 My self Your self 』

2009/05/08 01:56
太極図にあるように、中心は常に極となし、
その周りを陰陽が極まりながら回転する。


陰極まりて陽、陽極まりて陰。

あまり言われないが、当然太極の反対もあり、
陰極と陽極に分かれる。


陰の陰陽と、陽の陰陽が合わさって万物となる。


常に自分が中心であり、他人軸で生きると
軸が定まらず、辛くなる。


また、極である自分が強すぎると、陰陽のバランスが
上手くとれず、こちらも辛くなる。


陰は極まりつつ、陽の始まりを示し、
陽は極まりつつ、陰の始まりを示す。


人は、進化する度に脳を発達させ、人類というカテゴリを創った。

しかし、宇宙の中の我々というのは、当然自然の一部である。

さすれば、天地は情け容赦なく猛威をふるうこともある。
モノであれ、生き物であれぞんざいに扱われる。


いかに中庸に生きるか?
総合的なバランスは、どこにあるのやら。



マンガ孟子・大学・中庸の思想
楽天ブックス
講談社+α文庫 著者:蔡志忠/和田武司出版社:講談社サイズ:文庫ページ数:276p発行年月:1998



大学/中庸
楽天ブックス
ワイド版岩波文庫 著者:金谷治出版社:岩波書店サイズ:全集・双書ページ数:261,発行年月:2003



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


マインドセット 『易経』

2009/05/07 19:33
すべての物事を抽象的にとらえなおすと、
東洋の至宝、『 易経 』 に辿り着く。


太極があり、陰陽に分かれて中心の周り回る。


自分という存在があって、内面と外面で存在し、
自分という存在があって、初めて個としての自分と
社会という集団の中の一人としての自分がある。


主観と客観も、太極の位置でその対象が異なるだけ。


仏陀が悟った究極の場所が、その太極の位置の存在が
有無の二面に分けられたとき、その有無すらないという状態
を 『空』 という概念でまとめられている。



複雑怪奇に絡まったあらゆる出来事を、
一刀両断するかの如く、二面に分けてみる。

それから、少しずつ分解して、同類項に分類する。
いわゆるKJ法を用いて、整理整頓してみる。


二面にわけられた物事をうまく利用することで、
あらゆる場面に適用可能になることが、
易経のシンプルさの極みであり、消えなかった理由ではあるまいか?


陰陽の分け方はおおよそ、反対語となる。
しかし、システムにそれを与えると、システムの中の
どの部分が陰で、どの部分が陽なのか見えにくくなる。

システムという仕組みに組まれた、陰陽はTPOに
あわせて、時々刻々と変化していく最中に当たらなければならない。



社会主義に対する、資本主義のように語られることもあるが、
社会主義と資本主義は、陰陽の分離には適用できない。

なぜなら、資本や、社会に対する陰陽は語られても、
それが、システムにおいて反対になるとは言えないからである。


中心となるモノが何で、その軸から発した陰陽で考えなければ、
収束からの拡散が、どんどんおかしな方向へ行くこともありえることは、
重々注意しなければ、大きな過ちを犯しかねない。


当然、太極にも陰陽があり、入れ子状態のなか
スパイラルにある方向へ向かっている。



まんが易経入門
楽天ブックス
中国医学の源がわかる 著者:周春才/鈴木博(1940ー)出版社:医道の日本社サイズ:単行本ページ数:



人生に生かす易経
楽天ブックス
著者:竹村亞希子出版社:致知出版社サイズ:単行本ページ数:289p発行年月:2007年11月この著者


易経
楽天ブックス
著者:三浦国雄出版社:東洋書院サイズ:単行本ページ数:445p発行年月:2008年06月この著者の新



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


マインドセット 『与え好きの法則』

2009/05/06 19:07
まず、この世に生を与えられて生まれた以上
何かしらの対価を与え、授けられている。


多くのモノを得ようとした場合、必ずといって良いほど
多くのモノを与えている。

搾取に近い形で多くの富や権力を得た場合、
その反動は大きく、手に入れたモノ以上に奪われる。

逆に多くのモノを与えた歴史上の人々は、
富を得るか、権力を得るか、名声を得るかしている。


良い情報を発信する人の元へは、より多くのより良き情報が
集まると言われている。


インプットとアウトプット。


アウトプットは最高のインプットになり得るし、
インプットは、思考のアウトプットになり得る。


『与え好き』の法則  ←←←クリック


434Pにも渡る、与えることのすごさについて書かれています。

与えることが、全てではないが、
出し続けていることで、自分が一番得られると言うことを
詳細に書かれている。


陰陽のバランスから言っても、
出すことで還り、頂くことで出ていってしまう。


銀行の金利にしても、預金という支出の額に応じて、
時間という自然の流れによって、割合から利子が生まれる。


いち早く成功したければ、成功したい人の助けになりなさいとは、
よく言われることである。


『与え好き』の法則


共感できるなら、あなたは成功に近しい人なのだと
確約されているようなモノだ。




変な人の書いた成功法則
楽天ブックス
四年連続トップ納税者が語る 著者:斎藤一人出版社:総合法令出版サイズ:単行本ページ数:228p発行年



「受ける」より「与える」ほうが幸いである
楽天ブックス
著者:曽野綾子出版社:大和書房サイズ:単行本ページ数:229p発行年月:2005年10月この著者の新



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


マインドセット 『生活と自給自足』

2009/05/06 03:00
グローバルスタンダードが、実際スタンダードになり、
世の中の仕組みがどんどんフラット化していけば、
当然労働力の比重は、さらに発展途上国に移っていく。


モノが有限で常に限界が存在するいじょう、
いつかは、発展途上国も途上ではなくなり、
すべては豊かな国になるのか?

そのしわ寄せは、どこにいくのだろうか?


残念ながら、人口が激減するなどしない限り、
この世の中は、理性では存在し得ない。

弱肉強食が自然の摂理なら、抗う術はない。


95%の潜在意識は、進化の法則に隠された古い脳が正体だから。

なんらかの作用が、5%の理性を超えたとき、
本能が蠢き、生存本能が身体を突き動かす。



共存共栄は、夢であるが、希望的観測でしかないのではないか?



他を思いやると、自は少なくなる。
自を拡大すると、他は減少する。


創造の前には、必ず崩壊が待ちかまえている。


新しい未来の創造は、過去の否定から始まる。



もし、世の中に存在することが必要なのであれば、
自給自足できることが一番の処世術かもしれない。



マンガ老荘の思想
楽天ブックス
講談社+α文庫 著者:蔡志忠/和田武司出版社:講談社サイズ:文庫ページ数:253p発行年月:1994






老子
楽天ブックス
岩波文庫 著者:老子/蜂屋邦夫出版社:岩波書店サイズ:文庫ページ数:453p発行年月:2008年12



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
マインドセット 『自分という名の、ある存在と、ない存在』
マインドセット 『自分という名の、ある存在と、ない存在』 自分がある 自分がない ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/05 04:33
マインドセット 『マインドセット』
マインドセット 『マインドセット』 マインドセット ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/04 23:59
マインドセット  『 種田 山頭火 』
マインドセット  『 種田 山頭火 』 分け入つても分け入つても青い山 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/05/02 22:43
マインドセット 『たま・珠・ことたま・言霊・言葉から文章へ』
清々しい青空広がる中、 一 瞬のうちに雲を呼び、風を起こし、雨を降らす。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/01 23:59

トップへ | みんなの「ことば」ブログ

マインドセット 〜心掛けの法則〜 ことばのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる