マインドセット 『 成功 』

資本主義的な解釈で捉えると、
成功とは、富を得ることとなる。

そして皆同じモノを求めるあまり、
競争が激化し、熾烈な争いが繰り広げられる。


競争原理に基づき、終わる事なき阿修羅の道を歩むことになる。


レッドオーシャンを求める人はいないはずだか、
自分の軸と戦略がない場合、行き着くところは戦術のオンパレード。

勝つことのみが目的。

レッドオーシャンの血の池地獄だ。


ブルーオーシャンへの出航は、
孫子の兵法書にあるとおり、
「彼を識り、我を識らば、百戦をして危うからず」。


西洋の書は、勝ち負けのみの集約型であり、
東洋の書は、双方のパワーバランスを重視する。

今生の世に求められているのは、
複雑に絡み合った利権の奪い合いである。


さながら、諸葛亮孔明がいた三国志か、
日本の戦国時代を彷彿させる。




三国志(全30巻セット)
楽天ブックス
潮漫画文庫 著者:横山光輝出版社:潮出版社サイズ:文庫ページ数:30冊発行年月:2002年09月この


楽天市場 by ウェブリブログ




諸葛孔明
楽天ブックス
図解雑学 著者:渡辺義浩出版社:ナツメ社サイズ:単行本ページ数:239p発行年月:2002年05月こ


楽天市場 by ウェブリブログ



ニュースから、「ウィキペディアが与える影響を調べるため」学生がもっともらしい嘘の書き込み




なぜ、このでたらめな文章が読めてしまうのかというと、
人は文章などを読んで理解しようとしたとき、文節などの
区切りを自然習慣的に、無意識の状態で行う。

その一区切りを チャンク と呼ぶ。

そして、ある文節がそれなりの文字をもっている場合、
無意識のままで、無理なく文章にしようとする力が働く。

意識して校正でもしようとするのなら見つかるが
速読や、文章を大量に処理する必要がある人ほど、
すんなり読めてしまう。



最近の脳科学では、ワーキングメモリは今まで言われていた
7桁でも多いらしく、3×3くらいが一瞬で覚えられる限界だと言われている。

ならば、何かひらめきがあったとしても、次に何かをしようとした場合、
メモなどとらない限り、忘れてしまっても仕方がない。

年を重ねるごとに、物覚えが悪くなるのも、ワーキングメモリの物理量が
減ったのではなく、覚えておこうとする意識が多すぎることのほうが、
原因らしい。




記憶力を強くする
楽天ブックス
最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方ブルーバックス 著者:池谷裕二出版社:講談社サイズ:新書ページ数


楽天市場 by ウェブリブログ



世界初地図記憶法
楽天ブックス
あなたも記憶の天才! 著者:津川博義出版社:宝島社サイズ:単行本ページ数:189p発行年月:2006


楽天市場 by ウェブリブログ



マインドセット 『 非常識な成功法則 』


非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣
フォレスト出版
神田 昌典

ユーザレビュー:
他の自己啓発本との併 ...
常識的な成功法則カリ ...
面白く楽しい成功書本 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



神田昌典著 非常識な成功法則


読んだことのない方は、一読することをオススメする。
エモーショナルを掲げられている氏の文章の巧みさに、
語りかけられているような錯覚を覚える術はさすがである。


2002年に発売された、今もってなお売れ続けている
氏の代表作である。


賛否両論あるなか、それでもいまだに刺激的な書籍である。

今読むと、後の祭り。
さほど、内容的には、非常識でなくなっている。

それほどまでに、ビジネス界に影響力が大きかった書籍だった。

基本としての氏の戦略は、ゲリラマーケティングだと思われる。

当然、神田氏が翻訳したのが初めてな訳はなく、
諸外国の書籍はどんどん翻訳され、書店で売られている。

にも、関わらず、マーケターを合い言葉のように
一気に低予算顧客獲得実践会という嵐をビジネス界に巻き起こした。


そして、次々とその英語を駆使した、英語圏のノウハウやテクニックを
自由自在に操り、瞬く間に成功者を続出させた。


氏の実力は本物だと思われる。
なぜなら、今なおその影響力もさることながら、
しっかりとビジネスを拡大しつつ、継続されている。


しかし、その会の中に居られた方たちはどうなっているのだろう?

虎の威を借る狐のように、会の影響力を実力と勘違いして
しまった企業も多くあったのではないかと、危惧する。


もともとあった力が花開いたのなら、それは身となり
先々幹を太らせ、枝葉を張り巡らせることのできる、
根となったかもしれない。

しかし、歴史のないフットワークが軽いだけでは、
根をはるまえに、枝葉が広がりすぎて倒れなかっただろうか?


知識は、お金や時間を使えば手に入れることが出来るが、
実力となりえる経験は、自力で流した汗の分しか体得できない
のではないのだろうか?



イチローのようなスイングはできても、
彼のようなバッティングは、彼以外、誰も出来やしないだろう。


非常識な成功法則とは、自分で見つけた方法論でしか達成できないから、
非常識(一般的ではない)と、つくづく感じる。






イチロー思考
楽天ブックス
孤高を貫き、成功をつかむ77の工夫 著者:児玉光雄(1947ー)出版社:東邦出版サイズ:単行本ページ



マインドセット 『 Brain : 脳 』

脳機能局在論。


むかし、頭(脳)をさわることは、禁忌であった。


頭には、神が宿っていると思われていた。


しかし、西洋の哲学から来る探求心は、
禁忌を都合良く解釈した。


元素還元論を乗り越え、量子力学や超絃論など
検証すらままならない領域にまで足を踏み入れ、突き進んでいる。

ヒトゲノムやDNA、最近では宇宙が出来たとされているころから
数億年たったころの天体まで見つかっている。


それでも、まだまだ人体にしろ、生物にしろ、地球にしろ
分からないことだらけで、分かれば分かるほど謎が増えていく。


様々なところでゲシュタルト崩壊が起こっているような、
歪んだ空間の中を、暴風に襲われ彷徨っている蝶のように
天地の堺なく前後左右すら、定かではない時代なのか?


Virtual と Real の狭間で空間を捉えているのは、
脳の役割である。

内から出でる信念が、外界の環境を形成し、
外界から入力される、刺激が内面の空間を構築する。


モーダルチャネルは、五感を通して入力され言葉によって、
内部表現をいびつなモノに変化させることも容易い。


何が真実で、何が虚偽なのか?


社会はマーケティングのうねりによって幾重にも欲望を植え付けられ、
仮想と現実の区別もつかない脳に変わりつつある。


安さは最大級の価値と評価され、人を呼び
品質というバランスを崩し、奈落の底に迷いなく落とす。


何を知り、何を得、何を拾わず、何を捨てれば、
確かなマインドセットが可能になるのか?



いやはや、真実は一つとは限らないのが、世の常なのか。



最新脳科学で読み解く脳のしくみ
楽天ブックス
車のキーはなくすのに、なぜ車の運転は忘れないのか? 著者:サンドラ・アーモット/サム・ワン出版社:東



ここまで解明された脳と心のしくみ
楽天ブックス
ニュートンムック出版社:ニュートンプレスサイズ:ムックその他ページ数:159p発行年月:2006年0



マインドセット 『師』

師。

今の流行風にいうと、メンターとでもいうのだろうか?


老若男女問わず、良いと思う面を持ち合わせれば、
すべて師と仰いでも良いと思う。

当然、赤ちゃんでも学ぶべき所は随分とある。

また、齢を重ねているから、肩書きが凄いから、
経験が豊富だからといっても、尊敬できない人も多々居られる。
反面教師な面々。


自分を振り返り、内省するにはもってこいだが。


基本的に古典を学びの元とし、
温故知新が一番早く、確かな学び方だと思う。



生き方
楽天ブックス
人間として一番大切なこと 著者:稲盛和夫出版社:サンマーク出版サイズ:単行本ページ数:246p発行年



マインドセット 『 My self Your self 』

太極図にあるように、中心は常に極となし、
その周りを陰陽が極まりながら回転する。


陰極まりて陽、陽極まりて陰。

あまり言われないが、当然太極の反対もあり、
陰極と陽極に分かれる。


陰の陰陽と、陽の陰陽が合わさって万物となる。


常に自分が中心であり、他人軸で生きると
軸が定まらず、辛くなる。


また、極である自分が強すぎると、陰陽のバランスが
上手くとれず、こちらも辛くなる。


陰は極まりつつ、陽の始まりを示し、
陽は極まりつつ、陰の始まりを示す。


人は、進化する度に脳を発達させ、人類というカテゴリを創った。

しかし、宇宙の中の我々というのは、当然自然の一部である。

さすれば、天地は情け容赦なく猛威をふるうこともある。
モノであれ、生き物であれぞんざいに扱われる。


いかに中庸に生きるか?
総合的なバランスは、どこにあるのやら。



マンガ孟子・大学・中庸の思想
楽天ブックス
講談社+α文庫 著者:蔡志忠/和田武司出版社:講談社サイズ:文庫ページ数:276p発行年月:1998



大学/中庸
楽天ブックス
ワイド版岩波文庫 著者:金谷治出版社:岩波書店サイズ:全集・双書ページ数:261,発行年月:2003



マインドセット 『易経』

すべての物事を抽象的にとらえなおすと、
東洋の至宝、『 易経 』 に辿り着く。


太極があり、陰陽に分かれて中心の周り回る。


自分という存在があって、内面と外面で存在し、
自分という存在があって、初めて個としての自分と
社会という集団の中の一人としての自分がある。


主観と客観も、太極の位置でその対象が異なるだけ。


仏陀が悟った究極の場所が、その太極の位置の存在が
有無の二面に分けられたとき、その有無すらないという状態
を 『空』 という概念でまとめられている。



複雑怪奇に絡まったあらゆる出来事を、
一刀両断するかの如く、二面に分けてみる。

それから、少しずつ分解して、同類項に分類する。
いわゆるKJ法を用いて、整理整頓してみる。


二面にわけられた物事をうまく利用することで、
あらゆる場面に適用可能になることが、
易経のシンプルさの極みであり、消えなかった理由ではあるまいか?


陰陽の分け方はおおよそ、反対語となる。
しかし、システムにそれを与えると、システムの中の
どの部分が陰で、どの部分が陽なのか見えにくくなる。

システムという仕組みに組まれた、陰陽はTPOに
あわせて、時々刻々と変化していく最中に当たらなければならない。



社会主義に対する、資本主義のように語られることもあるが、
社会主義と資本主義は、陰陽の分離には適用できない。

なぜなら、資本や、社会に対する陰陽は語られても、
それが、システムにおいて反対になるとは言えないからである。


中心となるモノが何で、その軸から発した陰陽で考えなければ、
収束からの拡散が、どんどんおかしな方向へ行くこともありえることは、
重々注意しなければ、大きな過ちを犯しかねない。


当然、太極にも陰陽があり、入れ子状態のなか
スパイラルにある方向へ向かっている。



まんが易経入門
楽天ブックス
中国医学の源がわかる 著者:周春才/鈴木博(1940ー)出版社:医道の日本社サイズ:単行本ページ数:



人生に生かす易経
楽天ブックス
著者:竹村亞希子出版社:致知出版社サイズ:単行本ページ数:289p発行年月:2007年11月この著者


易経
楽天ブックス
著者:三浦国雄出版社:東洋書院サイズ:単行本ページ数:445p発行年月:2008年06月この著者の新