マインドセット 『師』

師。

今の流行風にいうと、メンターとでもいうのだろうか?


老若男女問わず、良いと思う面を持ち合わせれば、
すべて師と仰いでも良いと思う。

当然、赤ちゃんでも学ぶべき所は随分とある。

また、齢を重ねているから、肩書きが凄いから、
経験が豊富だからといっても、尊敬できない人も多々居られる。
反面教師な面々。


自分を振り返り、内省するにはもってこいだが。


基本的に古典を学びの元とし、
温故知新が一番早く、確かな学び方だと思う。



生き方
楽天ブックス
人間として一番大切なこと 著者:稲盛和夫出版社:サンマーク出版サイズ:単行本ページ数:246p発行年



マインドセット 『 My self Your self 』

太極図にあるように、中心は常に極となし、
その周りを陰陽が極まりながら回転する。


陰極まりて陽、陽極まりて陰。

あまり言われないが、当然太極の反対もあり、
陰極と陽極に分かれる。


陰の陰陽と、陽の陰陽が合わさって万物となる。


常に自分が中心であり、他人軸で生きると
軸が定まらず、辛くなる。


また、極である自分が強すぎると、陰陽のバランスが
上手くとれず、こちらも辛くなる。


陰は極まりつつ、陽の始まりを示し、
陽は極まりつつ、陰の始まりを示す。


人は、進化する度に脳を発達させ、人類というカテゴリを創った。

しかし、宇宙の中の我々というのは、当然自然の一部である。

さすれば、天地は情け容赦なく猛威をふるうこともある。
モノであれ、生き物であれぞんざいに扱われる。


いかに中庸に生きるか?
総合的なバランスは、どこにあるのやら。



マンガ孟子・大学・中庸の思想
楽天ブックス
講談社+α文庫 著者:蔡志忠/和田武司出版社:講談社サイズ:文庫ページ数:276p発行年月:1998



大学/中庸
楽天ブックス
ワイド版岩波文庫 著者:金谷治出版社:岩波書店サイズ:全集・双書ページ数:261,発行年月:2003